《火影忍者:最强幻术技巧排名》

Naruto Top Illusion Technique Ranking

也许在《火影忍者》世界中,忍者们实践的三种术中,幻术是最不为人所重视的一种。幻术通过操纵敌人的查克拉流动来创造幻象。通过这样做,忍者可以将他们的对手困在梦境般的状态中,使他们易受物理攻击,或者完全使他们失去行动力,几乎被消灭。与《火影忍者》中忍术的物理构造和有形效果不同,幻术专注于操纵脑神经系统。

相关:《火影忍者》:真实探求球的解释

作为阴遁术的广泛细分之一,幻术技巧可以通过多种方式进行:借助于瞳术,如写轮眼、万花筒写轮眼、轮回眼或轮回写轮眼,以及手势或召唤物的帮助。某些忍者,如宇智波鼬、柯南·优秀、現月玖辻,专门研究幻术,利用他们的能力创造扭曲的现实图像,使对手困惑不解,无法反击。他们的幻术是这个系列中最强大的技巧之一,使他们成为任何人的强大对手。

10 魔笛:幻音锁链

由音四之一的多由也用她的笛子演奏而施展的这种幻术技巧,在第一部分的佐助回收任务中首次亮相,当时她与志村之间展开了对决。它的最大优势在于其有效范围之广,任何听到笛声的人都会被迫忍受四肢被束缚的幻象,随后是四肢完全融化的恐怖景象。

这削弱了受害者的精神坚韧,他们在这种状态下感到无助。吸收了多由也的DNA后,薬師カブト也能施展这个技巧,尽管他的版本创造了一个稍有不同的幻象。

9 魔幻:树缚之死

木叶村最强大的幻术师之一、红云的绝招《魔幻:树缚之死》创造了一个将目标束缚在树上的幻象,使其无法动弹但保持清醒。一旦被固定,目标可以被使用者处置,或者被制服进行询问。

相关:《火影忍者》:阴阳遁的解释

因此,它经常用于审讯,并且在木叶村中代代相传。这个技术最初是为了营造目标与初代火影千手柱间的木遁对抗的印象而设计的。

8 魔幻:蒸汽多层建筑

二代水影、現月玖辻的一个特殊技巧,利用他的召唤物巨蛤,释放大量蒸汽,起到类似烟幕的作用。在巨蛤创造的雾气环境中,現月玖辻通过蒸汽的反光创造出逼真的幻影。这是一种在敌人阵营中引起错乱和混乱的理想手段,因为对手无法确定施术者或巨蛤本身的位置。

在这种状态下,无法通过正常手段察觉現月玖辻或巨蛤的存在,只能通过触摸来区分现实和幻象。幻象可以持续无限期,唯一结束幻术的方法是找到真正的巨蛤并击败它,尽管它会隐藏在幻影中。

7 涅槃宝殿之术

由薬師カブトによって木ノ葉壊滅を開始するために使用される、涅槃の術は、大勢の犠牲者を深い眠りに陥らせる強力な幻術です。これにかかった者は、最終的に眠りに落ちるまで、空から羽根が舞い降りるのを見続けます。そして、一般的な手段ではこの状態から覚めることはできません。

これまで、この幻術を解除する唯一の方法は、羽根が降り注ぐ間に眠りに落ちないようにするか、自分がその術の下にあることに気付いたら幻術をキャンセルすることです。

6 魔幻・蝦蟇対峙の呪文

このリストの中で、もう一つの音響技術である魔幻・蝦蟇対峙の呪文は、妙木山の蝦蟇たちの最も強力な幻術であり、その楽譜は世代を超えて伝えられてきました。この術の欠点は、準備と必要な調和を達成するために必要な時間です。非常に難しいと言われていますが、この幻術は福咲とシマの二大賢蝦蟇によってのみ使いこなされました。

関連記事:ナルト:柱間の仙人モード、解説

一度発動すると、誰もがその術に囚われ、その力や技量に関係なく封じ込められます。被害者の心と体は、四匹の蝦蟇侍が守る水のバリアに封じられ、この幻術は使い手の意志によってしか解除されないか、妙木山の秘密の石剣を被害者の心臓に突き刺すことで解除されます。この術は、ナルトと自来也のペインとの戦いの際に二大賢蝦蟇によって使用されました。

5 幻術・闇取りの術

漫画で柱間千手、アニメで彼の兄弟である扉間が使用したこの技は、被害者の目に幻をかけ、真っ暗な闇以外は何も見えなくします。これにより、彼らは攻撃に対して非常に脆弱になり、三代目火影である猿飛ヒルゼンなどの高度に熟練した忍者でさえ問題になりました。

この術は木ノ葉壊滅の際に初めて使用され、深い穴にいるような感覚を作り出しますが、対象者は他の手段を通じて攻撃を感知することができます。物語では、三代目火影が敵を捕らえ、死魔封印の援助を受けて彼らを封じたことで闇が消えました。

4 イザナギとイザナミ

六道仙人の創造神技に基づいたイザナギは、写輪眼の使い手に現実を書き換える能力を与えます。写輪眼の中でも最も貴重な能力の一つとされるこの技は、幻術を現実そのものに適用し、重傷や死を防ぐことが最も一般的な使われ方です。ユーザーがイザナギを発動すると、それが有効な間は何が起こっても無効化できます。その代わり、イザナギを使用する写輪眼は盲目になります。このため、これは禁術と分類されました。ユーザーの死など特定の条件で発動するようにコード化することも可能です。まだらうちはマダラが使用した際に見ることができます。

イザナギの対であるイザナミは、使用者と対象の相互作用から感覚を記憶し再現することで、被害者を抜け出せない無限のループに閉じ込める幻術です。この術を使うことで使用した写輪眼も盲目になります。

3 月読

被认为是系列中最强大的幻术之一,月读是与宇智波鼬的万花筒写轮眼相关的能力。与他的其他幻术不同,月读需要眼神接触才能施展。当满足这个条件时,受害者将被困在一个幻觉中,鼬可以自由操控时间,在不到一秒的时间里进行数日的折磨。

相关: 《火影忍者》:宇智波鼬的万花筒写轮眼,解析

目标通常会陷入昏迷状态,很少有人能从这次磨难中幸免。常规对抗幻术的方法对月读无效,只有极为强大的写轮眼用户才能从幻觉中挣脱出来。这项技术非常耗费精力,也是导致鼬生命末期失明的原因之一。

2 须佐之男

著名的宇智波师水的专属万花筒写轮眼能力,须佐之男是最高级别的幻术,使用户能够进入目标的思想并对其进行微妙的操控。它创造了虚假的经历,使受害者感觉自己是在自由意志下行动,即使事实并非如此。

这种幻术的强大使其成为传说中的存在,也使得师水的万花筒写轮眼成为包括志村団藏在内的多方追逐的对象。须佐之男每十年只能使用一次,除非用户具有千手柱间的DNA。即使在拥有这种巨大的力量提升下,它也不能超过每天使用一次,凸显了它的效果有多么压倒性。

1 无限月读

无疑是所有幻术中最强大的,无限月读能够将一个星球的所有居民困在一种恍惚的状态中。在这里,他们将在整个生命中经历幻觉,并逐渐失去他们的查克拉来供养神树和其查克拉果实,最终变成白色泽兹。施展这种幻术需要使用者拥有轮回写轮眼、十尾的查克拉,理想情况下还需要两个轮回眼来抵抗其影响。

这个技术是第四次忍界大战的重要因素,盟军忍者部队与鹿丸和宇智波带土领导的秽土转生的阿卡茨基残党对战,他们试图通过施展这个技术来结束所有战争。施法者必须将他们的轮回写轮眼的光线反射到月亮的表面,之后无限月读的光芒将在整个世界上闪耀,并将地球上的每个人都困在幻术中。

更多:《火影忍者》漩涡鸣人最强的19个术,排名